インターネット環境の種類とその内容について




Pocket

みなさんはネット環境についてどれくらい気を使っているのでしょうか?

自分に見合ったプランを設定しているのでしょうか?

携帯電話に関しても同じようなことが言えるのではないでしょうか?最近では電話すらパケット通信でやりとりができるほど進化してしまって、もうほとんど通話にかけるお金はないのではないでしょうか?

そうです。パケット、つまり通信費用についてもっとお得に便利に活用できるはずです。

そこで、現在のインターネット環境について少し触れてみようと思います。

現在のインターネット環境は以下のようなものがあります

  • 光ファイバー
  • ADSL
  • ケーブルテレビ
  • 高速モバイルインターネット (Wimax/LTEなど)
  • 3Gモバイルインターネット

光ファイバー

速度:100Mbps~1Gbps コスト:月5000円~7000円

【こんな人にお勧め】
オンラインゲーム(ブラウザゲーム以外)や株取引など一分一秒を争う事をする。
ニコニコ動画やYouTubeなどで動画をよく見る。
パソコンやスマートフォン、タブレットを複数台所有している。

コストが高いがそれに見合った品質です。
固定回線の為、賃貸マンションの場合は提携していないと契約できない場合があります。

ADSL

速度:8Mbps~20Mbps コスト:月1000円~4000円

【こんな人にお勧め】
自宅に音声電話の契約がある。
NTT基地局から近い。

音声電話の契約があれば安いが、無い場合は割高です。
また、NTT交換局から距離が遠い場合は大幅に速度が低下します。
固定回線の為、賃貸マンションの場合は提携していないと契約できない場合があります。

ケーブルテレビ

速度:10Mbps~50Mbps コスト:月2000円~5000円

【こんな人にお勧め】
音声電話の契約が無いが、インターネットを安く使いたい。
ケーブルテレビの契約をしている。
NTT交換局から遠い。
オンラインゲーム(ブラウザゲーム以外)をしない。

交換局からの距離にかかわらず一定の速度が出ますが、
一部の業者ではプライベートIPが振られる為、オンラインゲーム(DSやPSPなども含む)などができない場合があります。
固定回線の為、賃貸マンションの場合は提携していないと契約できない場合があります。

高速モバイルインターネット (Wimax/LTEなど)

速度:10Mbps~50Mbps コスト:月3000円~6000円

【こんな人にお勧め】
自宅以外でインターネットを使いたい。
スマートフォンなどの接続回線をまとめて安く運用したい。
固定回線を引きたくない、または引くことができない。

工事などは不要で、契約すれば即日使うことができます。
スマートフォンのパケット契約を解除し、接続回線を一本化すれば安く運用することが可能です。
エリア展開や周波数の関係上、屋内では電波が入らなかったり、速度が大幅に低下することがあります。
一部の業者ではプライベートIPが振られる為、オンラインゲーム(DSやPSPなども含む)などができない場合があります。
使用状況によっては大幅な帯域制限を受けることがあります。

3Gモバイルインターネット

速度:100Kbps~10Mbps

【こんな人にお勧め】
自宅以外でインターネットを使いたい。
スマートフォンなどの接続回線をまとめて安く運用したい。
固定回線を引きたくない、または引くことができない。
高速モバイルインターネットの電波が届かない。

工事などは不要で、契約すれば即日使うことができます。
スマートフォンのパケット契約を解除し、接続回線を一本化すれば安く運用することが可能です。
エリアは各携帯電話会社の3Gエリアと同一ですので、その会社の携帯電話のエリアであれば問題なく使用することができます。
一部の業者ではプライベートIPが振られる為、オンラインゲーム(DSやPSPなども含む)などができない場合があります。
使用状況によっては大幅な帯域制限を受けることがあります。

これらが主だったインターネット環境です。現在ではADSLなんかは廃れてきていると思いますが、光なんかはマンション等には既に惹かれていると思います。

回線 光回線 WiMAX LTE ADSL
回線の特徴 一般的に利用できるインターネット回線の中で、最も高速で安定した接続速度となる光ファイバー。
パソコン・タブレット端末・テレビ・ゲームなど複数の機器をインターネットに接続したり、家族みんなで使ってもサクサク使える。接続速度は理論値で最大1Gbps。多くのオフィスでも導入されており、安心して使える定番の回線。 NTTのフレッツ光、電力系事業者、KDDIのauひかり等が提供している。
無線でつながるモバイルは、自宅以外の場所でもインターネットに接続できる。
接続場所はサービス提供エリアに限定されるが、近年そのエリアは大きく拡大されている。最新のモバイル機器は接続速度が向上し、環境がよければ複数機器の接続や、複数人数の同時接続もストレスなく使える優れもの。
少し前まで主流の接続方法であったADSLは、コストパフォーマンスの良い固定回線。
設置先の環境によって大きく接続速度が異なるが、環境がよければ理論値で最大50Mbps程度と十分なスピードで動画もストレスなく再生できる。自宅に固定電話が設置されている場合、月額料金が最も安い。
回線速度(下り) 最大2Gbps 最大110Mbps 最大165Mbps 最大50.5Mbps
実質費用(初年度) 1円/月~ 1,198円/月~ 1,598円/月~ 1円/月~

こちらは価格.comのものを持ってきました。

価格については上記のサイトから申し込めばということですので参考までにお考え下さい(初年度というところが気になりますが)。それぞれに利点はあると思います。用途にもよりますが、安定感、場所を選ぶか選ばないかによっても左右されてきますので、それと、一回契約してしまうと、なかなか解約するのが面倒なので、慎重にならなければいけないのも辛い点でああります。

今後はもっとモバイル系の、どこでもネットができるものがさらにリーズナブルになって普及していくような気がします。

Pocket

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です