LTE 3G WiFi WiMZXの違いって理解していますか?




Pocket

LTE 3G WiFi WiMZXの違いって理解していますか?

最近スマートフォン、タブレット、ミニパソコンとかいろいろ進化してきて、様々な通信手段が選択肢に上がっていますね。

ですが、わかっていますか?それらの通信について・・・

簡単にですが、解説していきます(私も今回改めて調べてみました(笑))

LTEとは?

LETとは日本でNTT(docomo)がXiの値衣装で初めて提供を始めた通信サービスのことみたいですね。
LongTermEvolutionの略で、既存のFOMAなどの3G通信サービスを”高速化”した規格です。
(※ LTEのエリアが拡大するまで、現在”音声通話”は3G回線で行っています。)
(※ 3Gとは3rdGenerationの略です「第三世代」という意味です。3.9Gは、4Gに至る中間的位置づけの通信規格です。)

はてさてどのくらい早いのでしょうか?

最高速度は下りで、75Mbpsとなっています。ただし常にこの速度を保っているわけではありませんのでご注意を。限られた環境ではです。
平均すると2から5Mbpsくらいに落ち着くそうです。

簡単に言ってしまうと携帯電話の通信が早くなったのです。

そもそも、LTEって4Gとどう違うのでしょうか?正直そこまで変わりません、定義や呼び方のが異なったというくらいの認識でいいみたいです。

WiFiとはどういった位置づけなのでしょうか?

勘違いし易い点なのですが、携帯電話などの音声通信(パケット通信)とは全く異なります。どちらかというとパソコンで用いるような通信回線をイメージしていただきたいです。

ですので、根本的に3G、LTEとは比較指定はいけないものです。

もしかしたら、自宅の方にルーターというものがあるかもしれません。それから、無線にしたり、ケーブルを使ってパソコンに接続していると思います。ワイヤレスで通信するたもの一首の装置みたいなものです。

最近、よく聞くと思います。

wifis1

WiMAX

WiMAXは日本ではUQ WiMAXのみが提供しているデータ(パケット)通信サービスで、定義上は3.9Gです。

wimax

実際のところ,つまり、WiMAXとLTEは技術が違うだけでユーザーからすれば同じようなものです。異なるのは「音声通話」を行わない点と「人口カバー率がLTEより広い
ぐらいの認識でいいと思います。

注意点はデータ通信にのみ特化したサービスということです。ですので、拘束データ通信にこだわりを持っています。

これから、LTEとWiFiが一般化されていくと思います。既に一般化されていつ点も多いです。価格も下がってきて、性質も向上していきます、こういった必要不可欠な技術の更新は早いですからね。知っておいて損はないことでしょう!!

関連記事

Pocket

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です