ネット環境の整え方ってどうしたらいいの?




Pocket

一人暮らしをしたとき、もしくは引越しをしたときkンが得たことはあるのでないでしょうか?

ネット環境の整え方ってどうしたらいいのだろうか?

と・・・

みなさんはどうしていますか。結構な人はやむにやまれずに手っ取り早いものに飛びついてしまうのではないのでしょうか?私もそっちのタイプでした(笑)

こういったことは、事前に計画するのがベストですね(事前に計画するのはどの分野でも同じかもしれませんが)。

ここでは一人暮らしのためのインターネット環境の整え方について考えていこうと思います。

今ですと、基本はCATVや光ケーブルの選択をすると思います。しかし、一方では自宅にインターネット回線を用意しなくても、携帯電話のスマートフォンで十分事足りるようになってきました。携帯電話 によっては、携帯電話自体がインターネットに接続するための役割を果たす「テザリング」という機能付のものもあります。しかしこれは結構な曲者で、意外にもお金が掛かってしまう場合があるので、注意が必要です。

改めて、ネット環境が必要かどうかも含め、考えて契約するかどうかを決める必要があるわけです。

光ケーブルとCATV(ケーブルテレビ)という選択肢について

光ケーブルとCATVどちらかを選ぶために少し説明をしたいと思います。

最近では入居したマンションまで線が引っ張ってあることも多いため、契約までの期間は短期間で可能な場合が多いみたいですね。CATV(ケーブルテレビ)はまずは、どの会社に契約するの かを不動産屋に確認してみましょう。事前にネットでどういった転送速度などのサービスを行っているのかを確認するのがベストです。

例えばですが、マンションやアパートまでケーブルが通っていない状態で、CATVや光ケーブルに加入する時は、マンションの管理者の了解を得る必要となります。光 ケーブルの場合は、NTTに申し込むとNTT側がマンション管理者と交渉をしてくれます。

ただ、ケーブルを引き込むには、まずマンションまでケーブルを引き、それから自室までケーブルを引き込む作業を行うため、ケーブルを敷き終えるまで結構な期間が掛かるかもしれません。工事担当者もいろいろなところで作業を行っていることもあり、数ヶ月先となる可能性もあります。この間のネット環境が必要であればそのことにも気を配ることが必要です。

以前使用していた引き継ぎが可能なプロバイダもありますので、同じプロバイダを活用できるのであれば、第一に考えて回線選ぶといいかもしれません。

光ケーブル

光ケーブルは、NTT東日本やNTT西日本などが中心になってサービスを展開しています。

賃貸住宅に既にケーブルが引かれている場合は、申し込み後、必要な接続キットを用いて接続することになります。場合によっては、接続業者が接続しに来てくれることもあります。

ただ、賃貸住宅にケーブルが引かれていない場合は、ケーブルを引く作業が必要になります。

既にケーブルが引かれている場合は、比較的短時間で接続が可能になりますが、賃貸住宅にケーブルを引く作業からとなりますと、地域によってはかなりの日数 がかかります。日数は、同じ地域の申し込み状況によって異なりますが、数か月先になることもありますので、その際は他の代替手段を用いると良いでしょう。

今現在キャンペーン等でサービスが充実しているものをいくつか挙げてみました。参考にしてみてはいかがでしょうか?









CATVのネットサービス

CATV(ケーブルテレビ)は、各地によってサービス事業者が違うことが多いため、基本はその地域のCATV会社に頼むことになります。

賃貸住宅の場合で、すでに回線がひかれている場合、他のCATV業者に移動するということは原則できません。ただ、光ケーブルにするとか、他の接続方法にすることは可能です。

なお、CATVのケーブルを賃貸住宅に引き込むわけですが、それには大家、もしくは管理会社の許可が必要になります。しかし、これらの交渉はCATV側で行ってくれるため、こちらから大家や管理会社に連絡をする必要はありません。

どちらを選ぶにしても事前の調査は必要となることは肝に銘じていおいたほうがいいですね。

 関連記事
Pocket

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です