新生活のインターネット環境に関する意識調査の結果について




Pocket

「新生活のインターネット環境に関する意識調査」 「モバイルデータ通信」の利用意向はさらに拡大 「モバイルデータ通信」、今後利用したいサービス1位は3年連続「WiMAX」 今後、購入したいデバイス1位は「タブレット端末」 「通信速度制限」の認知度は約7割

以上のことがわかったみたいですね。

新生活に見直したいもの、「インターネット」が変わらず1位でした

新生活するときにまず第一に見直したいものは3年連続で「インターネット(回線事業者、プロバイダーを含む)」(49.0%)だそうですね。

次いで「新聞社」(28.0%)、「CS放送・CATV等の有料放送」(26.6%)となっています。

0226_02_01

私も聞かれたらそう答えますね。ネットは必需品となってしまっていますので・・・

「モバイルデータ通信」利用意向の拡大も進む傾向に!!

現状のインターネット利用形態について、「固定回線(光ファイバー、CATV、ADSLなど)」のみを利用していると答えた人は52.8%、それに対して 「モバイルデータ通信(WiMAXやイー・モバイルなど)」のみの利用は17.8%にまで上昇してきました。固定回線のみの利用は昨年から微減、モバイルデータ通信 のみの利用は3年連続で増えてきています。今後利用したいインターネット回線については「モバイルデータ通信(WiMAXやイー・モバイルなど)」 (33.8%)が「固定回線(光ファイバー、CATV、ADSLなど)」(30.8%)を上回って昨年同様に1位となり、利用意向は拡大しています。ここでもwifiの威力が伸びてきているのがわかりますね。恐るべし!!

0226_02_02

モバイルデータ通信サービス、今後の利用意向は3年連続「WiMAX」が1位。2位は「EMOBILE 4G」

現時点契約しているモバイルデータ通信を聞いたところ、やっぱりと言っていいことですがWiMAXのシェアが53.6%と半数以上を占め、次いでEMOBILE 4G(26.8%)という結果でした。そして、今後利用したいモバイルデータ通信についても、1位は3年連続で「WiMAX」(24.6%)、2位が 「EMOBILE 4G」(13.6%)となりました。次いで「Xi」、「ULTRA WiFi 4G」と続きます。現在契約しているサービス、今後利用したいサービスともに、上位2社は3年間不動の結果となりました。WiMAXは昨年末に新しい通信 規格WiMAX 2+のサービスを開始、au 4G LTE回線とのハイブリッド利用も可能とのことでした。イー・モバイルも昨年夏に、それまでのEMOBILE LTEのサービスに加えてソフトバンクモバイルのAXGP網の利用も可能な「EMOBILE 4G」サービスを開始しました。新しいサービスの動きなどがあった2社が、シェア、利用意向ともに上位をキープしている状況です。

やっぱり、 WiMAXは強いですね。まだそんなにモバイルが流行っていない時代から先駆者的にあいうでいる印象がありますからね。実力が認められているのかもしれません。

0226_02_03

0226_02_04

それぞれのサービスを今後利用したいと思った理由を尋ねると、「WiMAX」は速度制限(一定通信量を超えたユーザーへの通信速度規制)がな い」(65.0%)が特に高い支持を得ており、さらに「月額利用料金の安さ」(57.7%)を挙げる人も多くいました。2位の「EMOBILE 4G」については、「月額利用料金の安さ」(58.8%)を最も多くの人が理由に挙げました。また「ULTRA WiFi 4G」については「月額利用料金の安さ」(40.8%)、「Xi」については「高速通信エリアの広さ」(50.0%)が選ぶ理由となっているようです。

こちらんかんしてはサービスのさがモロに影響してしまった感じがしますね。

0226_02_05

今後、購入したいデバイスの1位は「タブレット端末」。タブレット需要、本格的に拡大しています

現在所有しているものを同じく複数回答で尋ねたところ、1位がノートパソコン(82.8%)が、2位にテレビ(72.4%)、3位がスマートフォン(61.6%)という結果になりました。このあたりは順当でしたね、 一方で新生活を前に、今後、購入したいものを複数回答で尋ねたところ、39.8%がタブレット端末(電子書籍端末も含む)と答え最多という結果になりました。2位はノートパソコン(33.2%)、3位はスマートフォン(29.6%)となっています。 ノートパソコン等、従来からある情報デバイスの需要が落ち着き、スマートフォンの普及が進む中で、携帯性に優れ、スマホより大画面であるタブレットのニーズが拡大していることが原因でしょうかね。

今後もこういった傾向が強くなっていくことでしょうね。タブレットをいつでもネットワークに接続しておき、パソコンもタブレット型のタッチパネルで気軽に使えるタイプのものが主流になっていくでしょうね。もしくは二台持ち等でネット専用のスマホを持つケースが多くなるとお思われますな!!価格補正があるとその勢いは増すのですが、今後の料金プランの変更はあるのでしょうか。期待して待っています。

関連記事

Pocket

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です