格安SIMカードに興味はありませんか?いっそ活用してみませんか?




Pocket

格安SIMカードって知っていますか?使っていますか?

もはや、携帯電はのほとんどがスマートフォンにとって変わろうとしているこのご時世・・・しかし、料金プランが割とお高い気がしていませんか・・・

そんな時、救世主になるかもしれないとして現れたのが、格安SIMカードです!!

現在ドコモ、au ソフトバンク等の電話会社のプランは音声通話かけ放題が一般化しましたが、そもそも、通話自体が、パケットでできる時代ですから。料金プランの見直しを期待する人はかなり多いのではないでしょうか?

しかし、スマホのはバッテリー消費という問題点がある、電話したいときにできないことも考えられるので、その時にはガラケーという選択肢は一考に値するのではないだろうか?

簡単に言うと、よく言われている二台持ちですね。正直二代持つことに抵抗がないのならお得になりつつあるのが実情です。

データ通信料がそんなにおおくなかったりする人にはとってもおすすめできるサービスとなっています。

そもそも、SIMカードってなんでしょうか?

格安SIMカードとは携帯電話会社などの通信回線を借りることでサービスを行っていることで低価格で通信を可能にしているのです。
現在ではNTTドコモの通信回線を利用するMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)として、日本通信やIIJ、NTTコミュニケーションズ、DTI、So-net、@nifty、NTTぷららなど、さまざまな会社が格安SIMカードを提供しています。

MVNOによっては、LTEのマックススピードで通信できるデータの容量や、このデータ容量制限を超えたときに通信速度などが異なる複数のプランを用意しています。ですので選択の幅はあります。月額料金、通信速度、SMS対応の有無、提供されるSIMカードの数などから自分の利用形態に合ったものを選択すればいいのです。日本通信やIIJmioなどのサービスプランをベースに独自のサービスを追加しているところもある。例えば、量販店のビックカメラでは、IIJmioのサービスプランをベースにした「BIC SIM」を販売しており、同じ月額利用料で公衆無線LANサービスの「Wi2 300」が無料で利用可能となっている。またヨドバシカメラも、ワイヤレスゲートの公衆無線LANサービスと250kbpsのデータ通信使い放題を組み合わせたサービスを月額480円で提供を行っているみたいです。

SIMカードの手に入れ方と使い方

格安SIMカードは、MVNOのWebサイトで直接申し込みを行いSIMカードを郵送してもらうか、販売店やAmazonなどのオンラインストアでSIMカードのパッケージを購入後、オンラインでクレジットカードなどの情報を登録するかのいずれかで利用開始となる。多くがクレジットカードによる支払いとなっているようです。

Pocket

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です